忍者ブログ

葉っぱ出てきましたよ

原種シクラメン

ええ~花友さんの原シクすんごい持っておられる ぶひさんからのん

鉢管理が苦手なのでサツキの下に植えこんだうちの一つ

鉢で見る子より葉っぱの柄が個性的~~


ポットのままで夏越し球根チームと同居してた子も
葉っぱが起きてました
ぶひさんから来た子は葉柄がよろしくってニマニマしてしまうです( ̄▽ ̄)

春から先月まで何も管理が出来ず
ポットのまま放置してしまったシクラメンたちも
葉っぱを出してきました

た・・・たくましい


ギボウシの葉っぱの下で台風からの風や雨をしのいでおった
ヘデリも
咲いてきてますぅ

なんだか急に花が動き出してきた~~♪


なんか嬉しい季節です




PR

2018/10/01 花 サクラソウ科 Comment(6)

てっきり

今年の鬼暑な夏を休眠していたとはいえ
干からびただろうなあ~~

っと思っていた
原種シクラメン


ヘデリフォリウムがぽつぽつ咲き始めました

鉢管理は絶対無理だ・・・
っと
サツキや宿根草の下に隠すように埋めていった球根


花首長~~~な子たち続出・・・(^^;

蕾はどれもたくさんついてあるので良かったです

地植えの放置でよくぞ生き抜いた立派な子達


こちら・・

遠く見える札が球根の植わる場所・・・( ̄▽ ̄;)

すまぬ。。もう少し手前に植えるべきだったか・・

そしてグラエカムだった・・・

そうそう~
ついでに思い出して写した子の子は

斑入りシクラメン

下に写る白い葉もしっかりしてます
が、、
黄色い葉を見たら~枯れている?って思っちゃうよねぇ
地植えしてたら球根腐らすよ
って言われましたけど~~居てます(^-^; よかったよかった

家では花茎短くってしゃっきりした子は望めないかもしれませんが~
それでも咲いてくれたから良しとしよう~~


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
ここからは希望です

いつも読んでおります猫ブログ「馬とニャンコと男と女」のところで
気になる記事がありました

友人がチェルシーフラワーショーで入賞したのだけれどスポンサーが決まっておらず
困っているとのこと。
Facebookに詳細が書かれているのですが、私はフェイスブックってのをしておらず
拡散することすら何の事やら・・
猫ブログで書かれていてもチェルシーフラワーショーのことを知っている人が
少ないであろうと思い、ここに書いてみることにしました

Facebookに書かれているリンク記事


スポンサーが見つかると良いですねぇ



2018/09/18 花 サクラソウ科 Comment(4)

シクラメン

もう花屋さんではガーデンシクラメンやシクラメンが販売されておりますね

家では寒さに弱いガーデンシクラメンは直ぐにダメになります
霜にあたったら痛むなんて。。弱すぎ・・

なので
庭植は原種シクラメンに移行しております(^^;
 
アジサイを伐採したら、下には原シクが~
左手前の小さい葉っぱは種からの子
たくましや!

ですが、
寒さに弱い園芸品種でも葉っぱが魅力的な子も多い・・(T_T)
欲しい・・でも育たない・・・(´-ω-`)
いや、どうにかしたら育つかもしれないよね?
鍛えたら寒さも暑さも大丈夫じゃない??

っと強気な考えで地植えにした子もおります
昨年斑入り葉のガーデンシクラメンを見つけ鉢植えで軒下で様子見
買った後からは花も枯れ葉も貧弱になってましたが
早春に葉っぱが2枚ほど残った状態でサツキの下に植えました
それからは水もお天気任せ、夏もそのまま放置
で、今は・・・

真ん中辺りに見えますかね?
サツキの下に

斑入り葉みっけ!
元気そうに過ごしてるじゃん~♪

え!( ゚Д゚)普通の葉っぱ出てるやん!
どう見てもペルシカムの葉っぱやんねぇ・・・( ̄▽ ̄;)
鍛えすぎて元に戻っちゃったかしら・・・
斑入り葉意地の場合は球根真っ二つにしたほうがいいのかな~~~
どうしよう~~

何だか新たな問題が出てきたにょ・・・






2017/11/03 花 サクラソウ科 Comment(6)

強くなった園芸品種

買ったときは肥培されて球根も大きく
お花もどかどかついてました

が、

それは寒さにも暑さにも弱い
霜が降り凍結もする家の所だと
かなり過酷

でも~ぶりぶりのふりふり花弁は捨てがたい
で、鍛え始めるのですよ
最初はチリチリ枯れますが
そのうち気候のサイクルが把握できるのか~
寒い時期には花芽を出さないし
葉っぱも出さない子も居る

霜が降りなくなった時期から動き出し
4月終わりくらいから咲き始めます

薄っすらクリーム色が混ざるふりふりの白
ちゃんとお名前付きのタグがかかっていた子です
この子も春の寒暖差はへっちゃらになりました
もちろん1年中屋外暮らしです

この子もやっと起き上がってきましたね

春咲きの原種が元になっているのでしょうか?

当初の球根より一旦小さくなりますが
とてもたくましく育っております

この子たちはもう放置されても野生で生きていけそう(;^_^A

シクラメンを冬の花にするのではなく
春も楽しんでほしいなあ~~
っと
思うのでした

2017/04/25 花 サクラソウ科 Comment(6)

今咲いているのは

スーダベリカム

コームの花が終わり始めた頃から咲いてきます

で、この時期になると
他の花達も育ってくるので
直ぐにうずもれちゃいます・・・

あ、、横のホタルブクロは抜いておこう



少し葉っぱがつややかなのと
ヘデリくらいの大きさで咲くお花は目立つ存在です

そして

木陰でひっそり咲くのは

八重咲きの子

これは園芸品種です

ガーデンシクラメンではなく
ミニシクラメンで販売されていた子です
年末に大きいお花をつけて販売され
年明けにセールされてました

管理もそこそこ悪条件だったんでしょうね
花も葉もぐったりしてました

新聞でくるみ再生を試みましたが
暖房の部屋ではぐったりが再発
なので
花を全て取って屋外の木陰生活をさせました
葉っぱも数枚枯れましたが
数日たって落ち着いてきたあたりから
また葉をどんどん出し始めたので休眠はまだかな?
って思ってはいました

ら、

開花してました( ̄▽ ̄)

当初販売されていた大きさの花とは思えない程小さい
でも~原種シクラメンを見慣れているので
小さいけども大きい方~~(ややこしい)

まだ、株自体に強さを感じませんが
徐々に強くなってくるだろう~

こうやって
園芸品種を鍛えて咲かせることは今まで何度もあるのですが
屋外で霜や凍結にあたっても平気なのですよ
今の時期は日中と朝晩の寒暖差が大きいのですが
へっちゃらです

この子も来年から春に開花するシクラメンになるだろうな~

で、家は園芸品でもジャングル庭に植えこまれちゃうのです
ぐふふ



















2017/04/24 花 サクラソウ科 Comment(2)

カレンダー
 
09 2018/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 
 
リンク
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
フリーエリア
 
 
 
最新記事
 
(10/01)
(10/01)
(10/01)
(10/01)
(09/30)
(09/27)
(09/27)
(09/27)
(09/27)
(09/26)
 
 
最新TB
 
 
 
プロフィール
 
HN:
たま
性別:
非公開
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
最古記事
 
(11/28)
(11/30)
(12/02)
(12/04)
(12/09)
(12/10)
(12/18)
(12/19)
(12/28)
(12/30)